今現在 Amazonで一番売れてる商品はコレ!詳細はココ!
(本ページはプロモーションが含まれています)
パステルアート描き方

初心者パステルアート/超簡単な描き方/シャボン玉を描いてみよう!

パステルアート

画像付きで、順を追って説明していくので、誰でも超簡単にこのような美しいシャボン玉が描けちゃいます!それでは早速、一緒に描いていきましょう!

超簡単シャボン玉の描き方

このサイトで、パステルアートを学んでいきたい!という方は、ぜひコチラの記事・「基本的な画材の紹介」から入ってみてね~♪↓↓↓

画用紙を準備しよう

blog-nao パステルアート

2Lサイズ、もしくはB6サイズくらいの画用紙を用意します。(2L版の縦横サイズは、127×178。 B6のサイズは128×182)

A4サイズの画用紙を半分に切って使っても良いです!

画用紙の周りに、マスキングテープを貼って固定します。(緑のがマスキングテープ)

今回使ったのはコレ↓↓↓手頃なB6サイズで、そのまま使えて便利です!

パステルを塗っていこう

blog-nao
パステルアート

コピー用紙に、(左から)「青」「水色」一番下が、「ネイビー」(濃い青)のパステルをで削ります。

パステルアート

指の腹に、削ったパステルを少量付け、くるくると円を描くようにして塗っていきます。(写真は、左上から青、水色、下がネイビー)

blog-nao パステルアート

←指の腹につけるとは、こんな感じです!(写真は、わかりやすいように赤色のパステルを指につけています。)

パステルアート
blog-nao

←こんな感じでランダムに3色を塗っていきましょう

円と円が重なる部分は、自然な感じになるように、何も付けていない指の腹で、間をぼかすようにくるくると動かしてなじませます!

シャボン玉を描いていこう!

パステルアート
blog-nao

テンプレートの円の部分 & ペン型消しゴムを使って、シャボン玉を描いていきます。

描くというか、実際は、消していくんですけど笑テンプレートの内側の円周にそって細~くペン型消しゴムで消していきます。

テンプレートが無い方は、↓こんな感じで、画用紙を円型に切れば、代用出来ます!

ペン型消しゴムが無い方は、普通の消しゴムを代用し、角を使って消していきます。

←消すとこんな感じです。ぐるっと一周白くなりました。

シャボン玉の透明感を出していきましょう。今度は、練り消しゴムで、シャボン玉の左側から下までをなでるようにして、消していきます。こうすることで、立体感が出てきます。

字消版の小さい円を使ってシャボン玉にあたった光を表していきます。消す時は、普通の消しゴムで大丈夫です。

字消版(テンプレート)が無い方は、先程のように画用紙を円型にくり抜いて作って下さい。(字消版は非常に良く使うので一つあると今後も便利です!)

←2種類の円を使って消してみました。このようにして消していくことで、光を表すことが出来ます。

同じようにして、何個かシャボン玉を作っていきます。

一番右端のシャボン玉に重ねるようにして、少し小さめのシャボン玉を追加していきます。

重ねたシャボン玉を作ることで、より立体感が出てきます!

←こんな感じ。シャボン玉らしくなってきました!

さらに、字消版の小さい円の部分を使ってシャボン玉の周りもランダムに消していきます。(消す時は、普通の消しゴムで消してもらって大丈夫です。

←こんな感じで、円の大きさを変えたりしながら、字消版を使って、バランスをみながら、どんどん消していって下さい。

パステルアート 海
blog-nao

←こんな感じになったでしょうか?

ゆっくりと、マスキングテープを剥がしたら、キレイな「シャボン玉」の完成です!

お疲れ様でした~♪

まとめ

今回は、簡単な「シャボン玉」のパステルアートをご紹介させて頂きました!
シャボン玉は、覚えておくと他の作品にプラスしたり、色々とアレンジがきくので便利です♪

色んな色のパステルを使って楽しんでみて下さい!

BLOG NAO